生まれたての

最近は、ブログを書きたい気持ちだけ先行していて、では何ならブログとしてまとまった文章にするのに適しているのかと悩み、なかなか一行目が書き出せない日々だった。 料理や散歩、映画・ドラマを見る、これからどうしていくのか考えてみる、YouTubeに少し…

夜中にガトーショコラを焼く

休職期間がはじまって1ヶ月とすこし。新型コロナウイルスの不安もあって地元に帰りづらく、ほとんどの時間を自分の家で過ごしている。 7月中と比べて変わったのは、本を読めるようになったこと。映画を見られるようになったこと。散歩が習慣になったこと。お…

無題

「がんばって、1日に2食は食べましょうね」と医師が言っていた。 その言いつけを守るためにご飯を食べたいと思ったけれど、家にあるご飯になりそうなものが炭水化物ばかりで、それはどうなんだろう、どうにかできないものか、と悩んでいるうちに頭がパンパン…

休職、アボカド。

私が仕事やブログを休んでいる間に、アボカドはこんなに大きくなった。 ブログを書こうと思ったけど、うまく書けませんでした。 今月いっぱいは、休職をしています。という報告でした。

ご自愛にキレ散らかして得る安寧

コロナウイルスの影響で、自宅にいる時間が増えたり家のことに目が向くようになったりして、それから繁忙期が閑散期になってしまった花屋を支えようという動きもあったりして、「家に切り花を飾る」を実践している人が私のTLに増えている。それを「ご自愛」…

口を閉ざした被害者は救済も応援もされない

自分があとで見返すための、ツイートのメモです。 「きれいな絵にしてもらえてみんなに応援してもらえるし加害者もそれなりに叩かれている被害者」と、「自己責任だから誰にも守ってもらえず加害者ものうのうと生きている被害者」の差みたいなものが突きつけ…

【5/25~5/31】幸せがわからなくても許されたい

5月25日(月) 起き上がれない。何もできない。いったい何時間寝ていたんだろう。やってもいないことを疑われ、家に警察が乗り込んでくる夢を見た。警察が私の腕を掴む力が強くて怖かった。夜になってようやくLINEやTwitterを見られた。縦になるとつらくて、…

2020年5月のお仕事~ドラマレビュー・インタビュー・書籍など

こんにちは。ライターのむらたえりかです。5月に担当したお仕事を紹介したいと思います。 ドラマレビュー ギルティこの恋は罪ですか M 愛すべき人がいて いいね!光源氏くん インタビュー Juice=Juice 金澤朋子さん アンジュルム 上國料萌衣さん モーニング…

【5/18~5/24】幸せがわからなくても許されたい

5月18日(月) 珍しくほぼ徹夜をしてしまい、乱れる生活。でも、書けない書けないと泣いていた原稿がいくつか書けて良かった。あとはできれば今週前半に大きいのをもう一つ書ききってしまいたい。 原稿やその他成果物を出しているし、遅いながらも仕事は日々…

【5/11~5/17】幸せがわからなくても許されたい

5月11日(月) 【前回のあらすじ】アボカドの芽が出て、私は生きることになった。 【5/4~5/10】幸せがわからなくても許されたい(私は生きることになった) - 静かなお粥のほとりから ***** 生きるのだから、ちゃんと働いたり病院に行ったり、将来のこ…

2020年4月のお仕事~ドラマレビューなど

こんにちは。ライターのむらたえりかです。 すっかり忘れていたのですが、思い出したのでお仕事報告をします。月末~月初にやるようにしたい……。 ドラマレビュー 5月も書いたりなんだりしていきます ドラマレビュー 朝日新聞社「telling,」で、病院ドラマ『…

【5/4~5/10】幸せがわからなくても許されたい(私は生きることになった)

5月4日(月) 昨日買った高級食パン。2日目はトーストして有塩バターと蜂蜜を、とのことだったので、そのようにした。おいしい。有塩バターがなかったので、無塩バターに塩をかけるスタイル。2枚も食べてしまった。 午後になってメールを確認すると、Nintend…

【4/27~5/3】幸せがわからなくても許されたい

4月27日(月) 腹痛がつらく、出社するつもりだったが在宅勤務に切り替えさせてもらった。毛布にぐるぐる巻きになって、メールを返したり原稿やデザインをチェックしたり、請求書や契約書を作ったりなどした。 休み明けはいつもこんな感じな気がする。 4月28…

【4/20~4/26】幸せがわからなくても許されたい

4月20日(月) 外出できず、また在宅勤務で誰にも会わない誕生日。私の誕生日なんて誰の気にも留まらないと思い込んでいたけれど、SNSなどに多くのお祝いメッセージをいただいた。戸惑うやら嬉しいやら。嬉しい。 「この年齢になったら誕生日なんて関係ない…

【追記あり】「風俗嬢やAV女優になるような人たちは自業自得と思う」というツイートへの私の反応まとめ

下記のツイートを読んでの、私のコメントなどをまとめておく。何か改めて考えたり行動したりするときに読み返したいためです。 風俗嬢やAV女優になるような人たちってそもそも、「資格を取って仕事につこう」とか「社会に役立つ知識を勉強して身に着けよう」…

【4/13~4/19】幸せがわからなくても許されたい

4月13日(月) 会社の自分の席に座ると、髪の毛を抜いてしまう。こどもの頃から抜毛の癖があり、ストレスがかかると髪の毛を抜いてしまうようなのだ。それと、集中しかけているときにも。会社だけでなく、家でも例えば原稿が思うように書き出せなかったりす…

【4/6~4/12】幸せがわからなくても許されたい

4月6日(月) やった、やった、原稿が書けた(でも40分ほど締め切り時間をオーバーしてしまいました。申し訳ありません)。もしかしてもう書けないんじゃないかと思っていたのに書けた。正直、自分ではもうちゃんとした内容になっているのかどうか、初見の人…

【3/30~4/5】幸せがわからなくても許されたい

3月30日(月) いま、Evernoteに「やりたいこと」を100個メモしようとしていてまだ31個しかないのだけど、その中の「もういいやと思えるくらい好きなだけ寝る」が達成された日だった。とはいえ、自分の意思で好きなだけ寝たというよりは、一日の大半を気絶し…

【3/23~3/29】幸せがわからなくても許されたい

3月23日(月) 意思はあるのに身体が少しも動かない。横たわりながら田中圭一『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(KADOKAWA)を読んでみた。 うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 作者:田中 圭一 発売日: 2017/01/19 メディア: 単行本 「私だけがこん…

【3/16~3/22】幸せがわからなくても許されたい

3月16日(月) いつ頃から、寝るときに電気を消さなくなったのだろう。 少なくとも、今年に入ってからは数えるほどしか「よし寝るぞ」と電気を消した記憶がない。いつの間にかベッドや床やクッションの上で気絶している。朝方に寒くなったり眩しくなったりし…

2020年3月のお仕事~ドラマレビュー・コラム・イベント

こんにちは。ライターのむらたえりかです。 3月もあっという間に終わってしまいましたので、忘れないうちにお仕事報告を書いておこうと思います。4月……もう4月なのか。春だ。 ドラマレビュー コラム イベント 4月も書いたり話したりしていきます ドラマレビ…

【告知】3/21(土)不要不急の「ドラマバー」@カフェバーこんこん( @CafebarKonKon/浅草)

「エキレビ!」「telling,」などでドラマレビューを書いているライターのむらたえりか(eripico)です。 3月も後半、そろそろ1月期ドラマも最終回ラッシュで盛り上がりますね。せっかくだし、ドラマの話をしませんか。 2020年3月21日(土)、浅草にある「き…

2020年2月のお仕事~ドラマレビュー

1月末の私「今年はちゃんと毎月ライターお仕事報告をしようかな!」→してない。働いたり死にたくなったりしていたら、もう3月も後半に入っていました。人生とは……(話を大きくして有耶無耶にするスタイル)。 ドラマレビュー 3月も書いております ドラマレビ…

イチジクとアボカド

育てているイチジクの木が目にとまった 冬の間に葉っぱが落ち剪定もしたので いまは80cmくらいの禿げ気味の木 うんともすんとも言わないので死んだかと不安だったが 3月に入ると急に勢いよく若い色の葉を増やし始めた すごいな、とおどろいた 加湿器に水を補…

何らかの連鎖が生まれている

夜中にツイートしたことのメモ。 「男だってつらい! フェミはそれを知らない!」っていうツイート今日いくつか見たけど、それを横目に私は管理職の40代男性のお仕事つらいよ責任重いよLINEによしよしえらいねとお返事してましたけども……。年上男性をよしよ…

かなり呆れている

このnoteのブコメを見てしまったんですが、怖すぎるでしょ。 note.com 私はここでアンチフェミコメントをしている人たちのほうが苦手ですね。 フェミニストに「なんで苦手と思われるか教えてやるよ」と言ってる人、そんなのフェミニストはずいぶん前から知っ…

耳のふちがかゆい

耳のふちがかゆい。左の耳だ。鏡ではよく見えない位置。指でなぞるとそこだけが他の部分よりもほんのりとあたたかく、皮膚がガタガタとしている。そういえば、少し前にヘアアイロンが耳をかすめたことがあった。火傷になっていたことに、かさぶたになるまで…

ワシはこんなことを考えている

「フェミニストは男性に何かを求めるのをやめるべきでは?」「日本のフェミニストは男性を含めた多くの人に理解を求めなければいけない」 1日のうちに、別々の男性から発せられた相反する意見を見た。どっと疲れる。フェミニストを名乗る人たちは、こうした…

2020年1月のお仕事~ドラマレビュー・エッセイ・イベントレポ&インタビュー

今年はちゃんと毎月ライターお仕事を報告しようかな! という気分が、いままだ1月なのであります。あるうちにやっとこう。 ドラマレビュー エッセイ イベントレポ&インタビュー 2月も引き続き書いていきます ドラマレビュー 「エキレビ!」にて、ドラマレビ…

声と引き換えに得る男

1. 鬼になる 2. 人と話しに出掛ける 3.きれいなものを見る これが私の2020年のテーマである。 ずっと寝ていて全然鬼になれてないし、風邪が思うように治らなくて人と話しにも行けてない。せめて田中みな実さんの写真集を見ようと思ったが、「せめて」という…