読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしとたのしいくらし

えりぴこの暮らしとお仕事

我が青春のWonder Girls

韓国のガールズアイドルグループ「Wonder Girls」が、解散するそうだ。

news.kstyle.com

 

2007年にデビューしたWonder Girls。ちょうどその年、私は韓国の大学に留学していた。
流行りに流行った楽曲「Tell me」を同じ学科の学生たちに叩き込まれ、カラオケや学校のイベントなどで飽きるほど踊った。恋ダンスかってくらい、大学生なら誰でも知っていて誰でも踊れたのだ。

耳に残る「てっててってて、テルミー」という歌詞。中毒性のある曲調と、ゆるいとぼけたダンスがめちゃくちゃ注目を集めた。
私は「オモナ!」(あら!まあ!みたいな意味)とわざとらしく口に手をあてる振り付けも好き。
もし一度も見たことがなければ、この機会にちょっとだけ見てみてほしい。可愛いですし。

 

www.youtube.com

 

PVの中で「ワンダーガール」に変身する女の子の名前はソヒ。
ダンスシーンではオレンジ色のタンクトップを着ている子。
当時、女子は二重に整形しなきゃアイドルや芸能人にはなれないという暗黙の了解があった。
それにも関わらず、一重の素朴な顔のままでグループのセンターを飾ったソヒに、若者たちは衝撃を受けていた(気がする)。Tell meでは間奏部分でソロダンスを担当している。可愛い~。

ソヒを中心としたおぼこい雰囲気も受け、ワンガは「国民の妹」と呼ばれていた(主にソヒが)。
フィギュアスケートのキムヨナも国民の妹だし、女優のムングニョンも国民の妹だし、新体操のソンヨンジェも国民の妹だ。韓国の国民には妹がいっぱいいるんです。

 

続く「So Hot」や「NOBODY」も、真似したくなるダンスと印象的なフレーズのサビが注目された人気楽曲だ。
2009年のアメリカ進出のため、NOBODYは英語バージョンPVも制作されている。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

2010年の「2 Different Tears」。
これもよくわからない不思議ちゃんな世界観のPVで好きだった。
宇宙カフェ……みたいな……?

 

www.youtube.com

 

このままワンガは不思議レトロちゃんで突き進んでほしいぜー、と思っていた。
しかし、アメリカでの成功や2011年の日本進出があった影響だろうか。その後の「Be My Baby」「Like this」ではレトロながらも不思議ちゃんではなくカッコいいアーティスト路線に踏み出していった。
Tell meや「国民の妹」の印象がどうしても強いワンガ。これで「さみしい」「遠くに行ってしまった」「なんか違う」と感じたファンもいたのではないだろうか。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

それ以降、どんな動きがあったのか細かくは把握していないが、2013年にソネが結婚し、2014年にはいつもワンガの中心にいたソヒが脱退してしまった。
ソヒが抜けたことで私もワンガを追う熱意が弱まってしまい、ここ数年は公式LINEからのお知らせをチェックする程度になっていた。

 

ソヒが抜けてから3年も経ったのか。
ソヒは役者として映画『釜山行き(부산행)』に出演している。2017年公開の映画『シングルライダー(싱글라이더)』にも。
脱退したら大した活動ができないアイドルもいる中、役者になる夢が叶っていてほっとする。
(映画『釜山行き』は邦題が『新感染 ファイナル・エクスプレス』らしく、結構ショック。ダジャレタイトルは好きだけど、これは……。)

 

↓『釜山行き』予告。0:07~とか0:52~とかに出ている女の子がソヒ。ゾンビものの密室(新幹線)パニック映画。こわい!

www.youtube.com

 

実はソヒ、ワンガ時代も『お熱いのがお好き(뜨거운 것이 좋아)』という映画に出ている。これは2008年に現地の映画館で見た。
ティーンをティーンらしく演じるソヒの姿に「役者になればいいのに!」と思った。韓国の女の子ってこうだよねー! と共感できる普通の女の子を演じるのがすごく上手だったのだ。
9年経って、私の印象が間違っていなかったことがわかって嬉しい。

 

ワンガは、2月10日に最後のデジタルシングルを発売するそうだ。
ここ数年追えていなかった不義理を申し訳なく思いつつも、やっぱり寂しいと1度だけ言わせてほしい。

韓国留学時代の思い出を鮮やかに蘇らせてくれる楽曲は、Wonder Girlsの「Tell me」しかない。
あんなに勉強した韓国語はたくさん忘れてしまったけれど、Tell meの歌詞は今でもすらすらと出てくる。
思えば、留学中にいつも一緒にいてくれたのがWonder Girlsだったのかもしれない。そう考えると、このブログを書いていることは旧友との思い出を綴っている感覚に近い気がしてくる。

ワンガと過ごせる日は残り少ない。
私は、2007年の韓国の空気を懐かしみながらWonder Girlsの解散を見届けたいと思った。

 

Wonder Girls 1集 - The Wonder Year(韓国盤)

Wonder Girls 1集 - The Wonder Year(韓国盤)

 

 

Tell Me

Tell Me